忘れたくても忘れられないエピソード、お兄ちゃんの良いところ

これは、僕と妻と弟夫婦の4人で食事をしていた時に起こった、本当にあった怖い話です。

弟の奥さんもいるので、ここはやはりアニキとして、子どもの頃の弟がいかに素晴らしく立派な人間だったかを紹介してあげようと思いました。小学校時代から学業成績は常にオール5だったこと。持久走大会では毎年学年1位で、文武両道の模範生徒だったこと。さらには高校も大学も就職先も超エリートで、その上で性格もとても優しいアニキ思いの自慢の弟であることをお話ししました。

ここまでは、とても平和で楽しい食事会でした。まさか後にあんな悲劇が起ころうとは、この時はまだ誰にも知る由はありませんでした。

弟は本当に優しい性格のため、照れながらも実の兄にまで気を遣うデキる人間です。そう、弟のターンです。

「いや、お兄ちゃんの方こそ!」

と勢いよく飛び出しました。

しかし、

シーーーーー…ン。

ないんです。

弟のハイスペックな頭脳をもってしても、アニキの良いところが、出てこないんです。エアコンの音がやけに大きく聞こえました。そして、永遠に続くのかと思われた静寂の中、何とか、言葉を絞り出されました。

「いやでも!お兄ちゃんは!ゲームが強いっ!!」

1個目です。弟とは20年くらい、共に暮らしたでしょうか。そんな弟から出たアニキの良いところの1個目が、ファミコンです。その後は、森田家の長男がスト2や武道伝2だけでなく、マリカーにウイイレ、さらにはスマブラと、いかに幅広くマルチな才能をお持ちであるかというお話で盛り上がりました。

ウーワ、ウーワ、ウーワ…(スト2風)

それでも、お兄ちゃんはただでは起きません。プレゼンやコミュニケーションのスキルを教える講師として、この経験から学んだことがあります。相手の記憶に残すには、強烈なエピソードが1つあれば良いということです。これは「エピソード記憶」と呼ばれ、感情が含まれるため、忘れたくても忘れられない長期的な記憶として残すことができます。覚えてほしいメッセージは、エピソードにして伝えましょう。

弟よ。お兄ちゃんは会社も辞めちゃったし、森田家を、頼んだぞ。

To Be Continued…

森田 翔

森田 翔

プレゼンテーション・プロデューサー

《略歴》
1984年石川県金沢市生まれ。2008年明治薬科大学を卒業後、エーザイ株式会社の営業職として12年勤務。2020年独立し、日本つかみ協会を創設。
主催セミナー開催数は年間300回以上、累計受講者数は1,200名を超え、24ヶ月連続で人気ランキングNo.1/600講座(ストアカ:プレゼン部門)を獲得。受講者による総合評価は4.93(4.5以上は全体の1%未満)を維持し、 公式の企業研修講師として契約を締結。
花火大会で3万人の前でプロポーズを行う(フジテレビ、とちぎテレビ・ラジオ出演)など、公私共に様々なシーンのプレゼンを経験し、個人・法人を問わず研修・コンサルティング活動を行っている。

《主な企業研修実績》
エーザイ株式会社、EAファーマ株式会社、日本ロレアル株式会社、アラガン・ジャパン株式会社、株式会社大和書房、東京コミュ塾、株式会社秀光、株式会社オカムラ、株式会社バレン、ユニオン労働組合、他多数

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問い合わせ